神道的な精神を学べば、願いが叶い、成功できる!
会社経営者でありつつ、神職資格を取得し、講師としても活躍中。古代からの伝統に基づいた神道的な精神を伝えるセミナーを主催する。
Tatsuya Kitagawa

神道的な精神を学べば、神様からの恵みが得られる!

ただいま、北川達也メールマガジンを
セミナーの情報や、新刊の案内などを不定期に配信しています

ただいま、北川達也メールマガジンを無料配信中! セミナーの情報や、新刊の案内などを不定期に配信しています

いつでも解除できますので、お気軽にご登録ください いつでも解除できますので、お気軽にご登録ください

pagetop

home

『祈り方が9割』の書評|北川達也オフィシャルファンサイト

神道には、願いを叶える「伝統的な祈り方」が存在した

書名:祈り方が9割 願いが叶う神社参り入門
著者:北川 達也
出版:コボル
発行:2018年12月1日
価格:1,500円+税
頁数:288ページ
評者:増田 亜希子

◆ダイジェスト 評者:増田 亜希子

近年、雑誌で特集が組まれたり、テレビで紹介されるなど、パワースポットが多くの人の関心を集めています。

観光地について検索すると必ずと言っていいほどその地域のパワースポット情報が出てきますし、話題のパワースポットを目的に旅行に行く人も少なくありません。

本書、『祈り方が9割 願いが叶う神社参り入門』では、神職資格をもつ北川達也氏が伝統的な神社神道を私たちに教えてくれています。
神社では、どのようにパワースポットを位置付けているのでしょうか。


《 伝統的な神道からパワースポットを知る 》

「あの神社の石に触ると願いが叶う」「木に抱きつくとパワーを得られる」などという考えを見た事があるでしょうか。

しかし、神社というのは「神社とその周辺そのものがパワーを持っている場所」なのです。
あの石が、あの木が、といった特定の対象ではなく、鳥居をくぐった瞬間からそこはもうパワースポットになります。

そもそも神社とは、どうゆう場所に建てられているかご存知でしょうか。
多くの神社は、神様が降臨するための「斎庭」を探すところから、はじまったといわれています。
特別に定められた清浄な場所のことを、斎庭といいます。
その斎庭の中に「神籬」を立て、祭壇を作り、神様の降臨を待っていました。
本書によると、神様が降臨する神籬がたてられている「本殿」や社殿が建築されたのは、それよりも後とのことです。
このように見ると、神様を祀るために、神社の設備が整ってきているのが分かります。


《 清浄な祈りこそ、願いが叶う 》

神様は、「清浄」を好みます。

私たちは神社でお祈りをする際に、「幸せになりますように」「結婚できますように」「仕事が上手くいきますように」などと自分の願望を唱えます。
しかし、自分のための欲望、願望は「不浄な願い」とみなされ、神には届かないといいます。

それでは、神社にお参りに行って自分のための願いごとをしたい場合はどうすればいいのでしょうか?
それは、自分の願望が叶うことによって誰かが幸せになるということを祈ればいいのです。
例えば「私の願いが叶って幸せになることによって親が喜ぶ」とか「私が仕事で成功したら上司が助かる」といった具合です。

なによりも大切なのが、「人のために祈ること」。
それが本来あるべきお祈りの姿勢なのです。
人々の心のよりどころ、希望の象徴ともいえるパワースポットにおいて、自分が幸せのパワーを受け取るためには人のことを考えるというのが何よりの近道であったのです。

パワースポットというワードだけがどんどんと世間に取り上げられている感じがしますが、その元となる大事なことは訪れる人の気持ち、考え方、祈り方にあります。

「祈り方が9割」というタイトルの通り、この本では祈り方について徹底的にレクチャーをしてくれています。

タイトルから参拝の方法といった手順書のような内容を想像していましたが、実際に読んでみて参拝に対する考え方の部分から変わりました。

人々が神を祀るようになった歴史から、正しいお参りの方法まで、神道や神社についてなんの知識もない初心者でもわかるように丁寧に説明されています。

あなたも正しい祈り方をマスターして、願いを叶えていきましょう。

◆一言コメント 評者:増田 亜希子

出かけた先に神社やパワースポットと呼ばれる場所があると積極的に足を運んでいましたが、ただ行って自分の願い事を唱えるだけでは何の意味もなかったという事実にハッとしました。
お参りの際にすべきこと、また、どんな姿勢で祈りをささげればいいのかを知ることができ、今後お参りに対する意識が大きく変わりそうです。

◆注目の文章ピックアップ(著書からの引用)

願いを叶える神社参りは、人と人との交流ではありません。

また、「神社参りは会釈にはじまり会釈に終わる」といわれています。

神社にみなぎるパワーは、手先だけで受け取れるような小さなものではなく、「全身で受け取ってもあまりあるほど大きなもの」と思います。

「祈り」とは、決して「心の思いを申し上げること」ではなく、「心身を清浄に保って申し上げること」をいうのです。

そして私は、「祈り」の時間配分を「感謝2割、愛情8割」としています。

「感謝の祈り」をささげていると、普段は「当たり前」と思っていたことが、「当たり前」ではなかったことに気づかされることもあります。

「愛情の祈り」を続けていくうちに、いつの間にか、心の中も「みんなのことを思いやる愛情」へと変わっていきます。

それは、「私の願いを叶えたいときは、私のことを祈らずに、みんなのことを祈る」です。

そして、「愛情の祈り」をささげてメンタルがつくられていくと、私たちの心の成長する方向性も明確に定まっていきます。

◆amazonリンク

書名:祈り方が9割 願いが叶う神社参り入門
著者:北川 達也
出版:コボル
発行:2018年12月1日
価格:1,500円+税
頁数:288ページ

amazonで購入する
https://www.amazon.co.jp/dp/4909708006/

ページトップへ

ただいま、北川達也メールマガジンを
セミナーの情報や、新刊の案内などを不定期に配信しています

ただいま、北川達也メールマガジンを無料配信中! セミナーの情報や、新刊の案内などを不定期に配信しています

いつでも解除できますので、お気軽にご登録ください いつでも解除できますので、お気軽にご登録ください
ホームへ